Loading...
0/5

私たちについて

ホテル経営者としてのベットーヤ家は150年ちかくにわたりイタリアのもてなしの歴史に影響を与えてきました。

冒険はレストラン「マッシモ ダゼリオ」を買い取ったところから始まり、偉大な政治家かつ作家「ピエモンテーゼ」への敬意を込めてベットーヤと呼びます。後に、テルミニ駅エリアが開発され、ベットーヤ家は建物の残りの部分を購入することを決め、ホテルへと建て替えました。これがホテル マッシモ ダゼリオです。

2度目の拡張がホテル メディテラーネオで、続いてホテル アトランティコ。

現在、グループは3つのホテル、495室以上を保有し、伝統的な雰囲気と様式を維持しながらも、定期的にアップデートされています。

3つのホテルはローマ中心部にあり、テルミニ駅、オ​​ペラハウス、サンタ·マリア·マッジョーレ大聖堂、フォーラム、コロッセオ、ローマの国立博物館が近くにあります。ここ数年のあいだに、鉄道の駅と周辺地域は大規模な開発工事を経て、大幅に発展しました。周囲には人々の関心を惹く多くの史跡が多くあります。

ベットーヤにおける優れたサービスと料理を提供する伝統は、5世代にわたって受け継がれてきました。従業員の中には、父親、そして祖父も同じホテルで働いていたという人物が簡単に見つかることでしょう。

グループの社長 アンジェロ・ベットーヤは、おもてなしの体験をお届けすることに専心する経験豊富なホストです。アンジェロのアメリカ人の妻、ジョーは、イタリア料理のシェフで、素晴らしい料理本の著者でもあります。

ベットーヤ一家の人々は、それぞれビジネス、建築、コミュニケーション、美術史などさまざまな専門分野の体験を、ホスピタリティ事業へと持ち寄っています。

私たちのデジタルパンフレットをダウンロードするには、以下の画像をクリックしてください。